サーバやネットワーク管理は誰がする?ヘルプデスクはどうする?

サーバやネットワーク管理を外部委託

企業活動をするのにパソコンを使うのは当たり前になっていて、そのパソコンの接続を全社的に行うのがネットワークとサーバのシステムです。単にサーバを置いてそれにパソコンを接続すれば良さそうに見えますが、実際は簡単ではありません。サーバがダウンすればネットワークがストップし、パソコン内の処理もできなくなります。ネットワークの不調が発生しても同様です。外部とのネットワークからはセキュリティの問題も考慮する必要があり、通常は専門の担当者を置いて迅速な対応ができるようにしています。より確実に管理を行うのであれば、サーバやネットワークの管理をアウトソーシング化すると良いかもしれません。24時間、365日体制で対応してくれるところも多いです。

不具合が生じた時の対応サービス

パソコンを使ってインターネットに接続したり、メールの送受信などを行います。一般の人でも行いますが、会社でも行われます。会社で行うときは、社内ネットワークを経由して行うので、何らかのトラブルが発生すると業務が行えなくなります。その時に対応するのがヘルプデスクで、トラブルの解決策などをそれぞれの質問者に行います。自社内でヘルプデスクを持とうとすると、ある時はあまり業務がないのにある時は業務が集中します。適切な人員を配置しにくい業務と言えます。ビジネスサポートサービスとして、ヘルプデスクの外注があります。トラブルが発生した時に所定の連絡先に電話をしますが、社内ではなく外部のサービス会社につながります。自社内での人員確保が不要になります。

ECサイトの構築では、事前に販売戦略や業務フローなどを明確にしておくことで、安定的な売上を目指せるだけでなく、効率的な運用にもつながります。