iPhoneの画面が割れた!水没した!そんな時に慌てないために知っておきたいこと

非正規の修理業者を利用するメリットとデメリット

iPhoneの画面が割れたり水没させてしまったりした時は正規の修理業者や正規サービスプロバイダ、キャリアショップなどに依頼することを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?しかし正規の修理業者の店舗が近くになかったり修理に時間がかかったりすることが多いものです。
そんな時には、非正規の修理業者に依頼するという方法もあります。
非正規の修理業者は、画面のひび割れや充電ができない、写真が撮影できないなどの症状に対応して、本体の交換を除く幅広い修理を行っています。
非正規の修理業者を利用すると、修理の事前予約が必要ないことが多く、費用も比較的安く収まる場合が多いのがメリットです。基本的にはパーツの交換修理のためデータを消去しないという業者もあり、バックアップをしなくても良いのが気軽に利用できる理由になっています。
ただし、非正規の修理業者に依頼すると、使用したパーツは純正品ではないため保証期間内でも、修理後はメーカーの保証が受けられなくなります。

ユニークなサービスやキャンペーンを行うところも!

最近では、iPhoneの修理を専門のスタッフが自宅や職場などに出張して修理をしてくれるサービスを提供する業者も登場しています。ほとんどの修理に対応しデータを消去することがなく、修理後は正規の保証の対象からは外れますが、修理業者の保証期間が1ヶ月ついてきます。
また、全国展開するショップの中には、学割キャンペーンを行うなど様々な取り組みを行う業者が増加しています。

iPhoneの画面修理の方法は、Appleのオンラインまたは電話の配送修理と、Apple Store直営店または予約を行ってからApple正規サービスプロバイダに直接持っていく持ち込み修理があります。