どっちが簡単?ストレスチェックを効率的に実施する二つの方法

ストレスチェックを健康診断に関連付け

ストレスチェックを簡便に実施する方法として多くの企業から選ばれているのが健康診断に関連付けて行う方法です。社員の定期健康診断は義務付けられていてルーチンで実施されていることから、産業医に任せてストレスチェックをさらに項目として導入するという方法がよく選ばれています。業務量の増加によって産業医の増員が必要になるケースも多いですが、一般社員からすると健康診断でストレスチェックシートに記入する手間が少し増えるだけで全体の業務に大きな支障を与えることはありません。優秀な産業医がいて社内で健康診断を手配して行っている現場では効率の良いストレスチェックの実施方法となっています。

システムを使ったストレスチェックの実施

健康診断を社内で行っていないケースでは関連付けをして行うことはできません。この場合にはストレスチェックを行うための仕組みを社内に新たに導入することが必須になります。ストレスチェックシステムを導入して実施するのが典型的な方法です。eラーニングのようにして社員にストレスチェックシートにシステム上で記入してもらうことにより状況を把握し、そのスコアに応じて医師のカウンセリングを受ける必要があると判断されたときには勧めるという形で運用されています。この全体の作業を全てアウトソーシングして行っている企業も少なくありません。あるいはストレスチェックシートの作成を外部委託したり、結果の集計とカウンセリングの手配を委託したりしているケースもあります。

ストレスチェックシステムは健康診断などに加えて、社員の健康維持のために事業所側で実施することが義務付けられています。